金沢市の通販・お取り寄せ|わが街とくさんネット

  • キーワード(商品名や特徴)、カテゴリ、価格、並び順を指定する事で表示させる商品を絞り込む事が出来ます。

    • お問い合わせは0120-75-1093

    わが街とくさんネット TOP  ≫ 石川県 ≫ 金沢市

    金沢市について

    江戸時代には、幕府を除いて最大規模の城下町として栄え、現在も歴史的風情のある町並みや建物が残されています。また、伝統的な文化も多く残っており、金沢箔や九谷焼、加賀友禅等、そして兼六園を始めとする歴史的建造物を目当てに、多くの観光客で賑わいます。

    観光情報 見所、観光名所

    兼六園

    国の特別名勝でもあり、日本三名園の一つに数えられています。17世紀中期に金沢城の外郭に造園された、江戸時代を代表する池泉回遊式の庭園です。

    金沢21世紀美術館

     1900年以降に制作された、新しい価値観を提案する様な作品や、金沢にゆかりのある作家による創造性に富んだ作品が展示されています。付属施設に小ホールやアトリエ、茶室があります。

    金沢三大茶屋街

    「にし茶屋街」「ひがし茶屋街」「主計長茶屋街」の3つから成り、重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている箇所があります。明治初期に建築された茶屋様式の町家が今も残っており、一般公開されています。

    玉泉園

    池泉回遊式庭園で、金沢西湖の茶室・灑雪亭や裏千家寒雲亭の写しの茶室があります。江戸時代初期に約100年をかけて作庭され、県指定の名称にもなっています。
     

    2品中 1~2品目を表示      

    30数年受け継がれてきた糠床でできた、芳醇でまろやかな旨味と甘味のある新しいぬか漬けです。

    金沢名産品 「金沢こんかこんか さばぬか漬けBセット(スライス3袋入り)」

    金沢名産品 「金沢こんかこんか さばぬか漬けBセット(スライス3袋入り)」

    商品番号:1720100002
    調理の時間がない時でも、すぐに食べられ、また、ピザやパスタ、酒の肴と多様に楽しめます。新しい味のぬか漬けをご賞味ください。
    「こんか」とは金沢の方言で糠漬けのことです。関東の方では「こぬか」とも言われるそうです。
    その糠漬けの「こんか」と、これまた金沢弁で「いらっしゃい・来てください」などの意味を持つ、同じひびきの「こんか」をかけあわせて、「金沢こんかこんか」と名づけました。
    「金沢こんかこんか」は、ばあちゃんが家族の為に、30数年引き継いできた味を残したい。そんな思いでおばあちゃんの糠床をベースに試行錯誤してできた、芳醇でまろやかな旨味と甘味のある、新しい味の糠漬けです。
    食材は厳選された最高級魚、糠は煎り糠のみを使用するなど、こだわりの食材で手間暇かけた手作りで作っています。
    販売価格:¥3,456  (税込価格:¥3,732)

    常温

    30数年受け継がれてきた糠床でできた、芳醇でまろやかな旨味と甘味のある新しいぬか漬けです。

    金沢名産品 「金沢こんかこんか さばぬか漬けAセット(さば半身1枚・スライス3袋入り)」

    金沢名産品 「金沢こんかこんか さばぬか漬けAセット(さば半身1枚・スライス3袋入り)」

    商品番号:1720100001
    「金沢こんかこんか」はこだわりの食材で作られております。魚は石川県をはじめ国内産、煎り糠や醤油なども地元石川県の物を使用しております。北陸伝統のぬか漬けの風合いを残しつつ、難しいとされていた減塩を追求しました。
    スライス商品はすぐに食べられる事や、調理のレパートリーが増えます。
    「こんか」とは金沢の方言で糠漬けのことです。関東の方では「こぬか」とも言われるそうです。その糠漬けの「こんか」と、これまた金沢弁で「いらっしゃい・来てください」などの意味を持つ、同じひびきの「こんか」をかけあわせて、「金沢こんかこんか」と名づけました。
    「金沢こんかこんか」は、ばあちゃんが家族の為に、30数年引き継いできた味を残したい。そんな思いでおばあちゃんの糠床をベースに試行錯誤してできた、芳醇でまろやかな旨味と甘味のある、新しい味の糠漬けです。 食材は厳選された最高級魚、糠は煎り糠のみを使用するなど、こだわりの食材で手間暇かけた手作りで作っています。
    販売価格:¥4,200  (税込価格:¥4,536)

    常温

    2品中 1~2品目を表示      

    ■ おすすめ特産品特集